Home » 事業領域 » 無線通信システム » デジタル簡易無線登録局

無線通信システム

デジタル簡易無線登録局

簡易無線機の中で免許取得なしで使える無線機です。
送信出力は免許局と同じ最大5Wですが、簡単な登録申請で使用することが出来ます。

デジタル簡易無線免許局と登録局の違いは以下の通りです。

  • 周波数
  • 免許の有無
  • レンタルできるか否か
  • レジャー用通信ができるか否か
  • 電波が飛ぶ距離・耐久年数・使い勝手等は、ほとんど同じです。

概要

デジタル簡易無線登録局トップ画像

デジタル簡易無線登録局

・目安通信距離:2~3km
・免許は必要ありませんが、登録申請が必要になります。
※登録申請代行しております。
・レンタル会社が無線機を登録し、その登録無線機を他のユーザーへ貸し出すことができます。

利用されているビジネスシーン

業務用無線機概要の画像

アウトドアレジャー / スポーツイベント / ホテル業 / 大規模店舗 / 製造業 / アミューズメント業 / ゴルフ場 / 建設業 / 地域防災など

スキー場などでの仲間との連絡に
グループ同士で、居場所の確認や待ち合わせの連絡などに役立ちます。
お客様を待たせずご案内する際に
お客様からの質問を無線機を通じてメンバーに問合せ、また担当者を呼び出すことで、お客様を待たせることなく対応することができます。
スポーツイベントでの運営に
マラソンやサッカーイベントでの参加者の誘導、緊急時の連絡手段として役立ちます。
災害時の地域間での状況確認に
災害発生時に避難者の確認、けが人が発生した場合の状況、物資の支援連絡の手段として役立ちます。

詳細はコチラから▼

e-musen.jpへのリンクボタン

担当者からのコメント

担当 佐藤
担当:佐藤(サトウ)

「業務用無線」や、「トランシーバー」は、以前に比べても、広く皆さんにご認知頂くようになりましたが、今でも、個人が資格を取らなければならないものだと思われていたり、免許申請が非常にハードルの多いことだと思われていたり…。もっと皆さんに「無線」のことを、良く知って頂きたい、こんなに手軽で、役に立つ道具(ツール)であることを、ご認識頂きたい…。そう考えながら、これからも、ご活用方法や、メリット、商品の情報を、電波のように発信して行きたいと思います。



事業領域
事業領域
無線通信システム
業務用簡易無線機
特定小電力無線機
デジタル簡易無線登録局
IP無線機
無線機レンタル
MCA無線機(広域無線機)
セキュリティシステム
セキュリティシステム
Webコンサルティング
Webコンサルティング

ページトップへ