新商品 「SRFD1」 同時通話型 特定小電力トランシーバー

 更新日:2020.11.05

SRFD1

新商品のお知らせ
八重洲無線株式会社(スタンダードホライゾン)製
同時通話型 特定小電力トランシーバー 「SRFD1」

新たなラインアップとして、同時通話型特定小電力トランシーバー「SRFD1」の販売を開始いたしますので下記のとおりご案内申し上げます。
「SRFD1」は、3者間同時通話無線システム用特定小電力トランシーバーで、装着が気にならない軽量・コンパクトサイズ(W60 x H78 x D24mm、約 145g)、堅牢設計(IP68)の本体は、雨天の建設現場など厳しい環境でも安心して使用することができます。安定した通話を確保するロングアンテナの採用や、約 16 時間の連続運用(複信方式)ができる省電力設計など優れた基本性能を備えています。

緊急時のアラーム送信や重要な用件はワンタッチで動作する CUE(キュー)機能を使って通知することができますので、効率よく安全に共同作業を行うことができます。 通話はオプションのヘルメット装着型やインカムタイプのヘッドセット、タイピンマイクが使用できる他、ブルートゥースにも対応していますので、ブルートゥースヘッドセット(SSM-BT10:オプション)を使用してケーブルを気にしないワイヤレス運用が可能です。

「SRFD1」は、コンパクト・堅牢設計、実用的で多彩な機能を備え、クレーン作業、建設・土木、電気工事や工場など同時通話による連絡が必要な現場の連携と安全管理をサポートする同時通話型トランシーバーです。ご販売店様におかれましては、スタンダードホライゾン業務用通信機器の拡販になお一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げます。

 

【 主な特長 】
・3者間同時通話
・交互通話(単信方式)対応
・最高クラスの防塵・防水性IP68
・軽量・コンパクトサイズ(約 W60 x H78 x D24mm / 約 145g)*突起物を除く/ バッテリーを含む
・省電力設計:約16時間の使用が可能(付属バッテリー使用/ 1mW 複信連続運用時)
・ブルートゥース対応:ワイヤレス運用
・乾電池運用が可能:単 4 形アルカリ乾電池 3 本使用(別売の乾電池ケースを使用)
・簡単操作、簡単接続
・CUE(キュー)機能による緊急アラーム送信
・音声自動送信(VOX)機能
・制御チャンネルによるチャンネル自動割り当て
・回線自動接続 / 再接続機能
・通話のプライバシーを保護する秘話機能
・送信出力切替え(1mW/10mW)
・マイク感度設定
・コンパンダー機能
・各種ビープ機能
・誤操作を防ぐキーロック

【 主な定格 】
使 用 周 波 数 :複信方式(同時通話) 421MHz 帯 / 440MHz 帯
単信方式(交互通話) 422MHz 帯
電 波 型 式 : F2D / F3E
変調方 式 : 可変リアクタンス周波数変調
通信方 式 : 複信/単信方式
送信出 力 : 10mW / 1mW
低周波出 力 : 15mW以上 (歪率 10% 時)
動 作 温 度 範 囲 : 温度 -10℃ ~ +50℃
定格電 圧 : DC 3.7V±10%
本体寸 法 : 約60 × 78 × 24mm (幅×高さ×奥行き、突起部を含まず)
本体重 量 : 約145g(本体/リチウムイオンバッテリー含む)
※この定格は性能向上のため予告なく変更することがあります。

【 標準構成品 】
・SRFD1本体
・ヘッドセット接続ケーブル
・ベルトクリップ
・リチウムイオンバッテリー
・急速充電器