簡易業務用無線機(免許局)の免許とは?

簡易無線の「免許局」を利用される場合、個人(業務での使用に限る)でも法人でも、所有する無線機1台1台に免許が必要となります。

免許された組織(免許人)の所有する無線機は、同一免許人の間での通話のみ認められており、異なる免許人の間での通話、免許取得していない無線機との通話は、電波法違反として処罰の対象となります。
必ず正しく無線局免許の取得をおこなってください。

*異なる免許人の間で通信をおこないたい場合は、総合通信局に申請し、許可を得たうえでおこなってください。

当社では免許申請の代行手続きを承っております。
お気軽にご相談ください。

免許申請するために
準備いただくもの

  • ① 無線局免許申請委任状
  • ② 免許申請費用一式 (※2)

免許申請の流れ

免許申請の流れ

免許申請の料金

金額は出力や台数などにより異なります。別途お問合せください。

  陸上無線協会費(税別) 印紙代
(非課税)
1件 台数  
新設・増設 1,500円 600円
×台数
3,050円
×台数(5W)
変更 1,500円 600円
×台数
 
廃止      
再免許 1,500円 600円
×台数
2,400円
×台数

*当社代行費用は別途必要です。
*「印紙代」は電子申請の場合の金額です。