簡易業務用無線機(登録局)の登録とは?

簡易無線機「登録局」のご利用には、「登録届」という届け出が必要となります。
免許局が免許された免許人に所属する無線機しか使用できないのに対し、登録局は異なる登録人の間での通話が可能です。

登録申請には、無線機1台毎におこなう個別登録申請と無線機を複数まとめて登録する包括登録申請があります。

包括登録の場合は登録状の交付後に開設届の提出も必要となります。
e-無線.jpでは登録申請、開設届どちらもお手伝いいたします。
お気軽にご相談ください。

登録申請するために
準備いただくもの

  • ① 無線局申請委任状
  • ② 登録申請費用一式 (※2)

※2 申請代行の料金や協会費、印紙代のお支払いにつきましては、クレジットカード決済、オンラインコンビニ決済、ネットバンク決済、電子マネー決済はご利用頂けません。

登録申請の流れ

個別登録 (無線機を1台ずつ登録する場合)

個別登録は無線機1台毎の登録になります。

登録申請の流れの図

包括登録 (無線機を2台以上一括して登録する場合)

包括登録は無線機2台以上の登録になります。

登録申請から開設届までの流れ

登録申請の料金

金額は出力や台数などにより異なります。別途お問合せください。

  陸上無線協会費(税別) 印紙代(非課税)
1件 台数
個別登録 1,500円 600円×台数 1,700円
包括登録 1,500円 600円×台数 2,150円

*当社代行費用は別途必要です。
*「印紙代」は電子申請の場合の金額です。