株式会社システム情報企画 > e-無線 > 免許申請・登録届けについて > 旧スプリアス機をお使いのお客様へ

旧スプリアス機が使えなくなります

2007年(平成19年)11月30日以前に製造された無線機の使用有効期限は2022年(平成34年)11月30日までです​

スプリアス規格とは?

電波効率をあげるため不必要な電波(不要電波)をできる限り低減させるための総務省が定める基準です。
2007年(平成19年)12月1日に規格が改正され、改正前のものは→ 旧スプリアス規格、改正後のものは→ 新スプリアス規格と呼ばれています。
旧スプリアス規格無線機は、2017年(平成29年)12月1日以降、新規での免許、免許の変更ができなくなります。

免許期限が2017年(平成29年)12月1日以降の「旧スプリアス規格」無線機をお使いの場合

事前に機種変更申請をしないと、再免許を受けることができません。

旧日立機、旧マランツ機、初期型VX-581、VX-561以前の機種を使用中のお客様はこれに該当しますのでご注意ください。