イベント業界 向け
無線機・トランシーバーシステム

イベントの進行・安全管理に欠かせない無線機

イベントのスムーズな進行や会場設営には進行状況を関連スタッフ全員が把握していることが重要ですが、会場によって電波が届かなかったり、たびたびノイズに通信を邪魔されていては無線機・トランシーバーを使用している意味がありません。 また、不特定多数の人が出入りする場所だからこそ、安全管理や万が一の災害対策としても無線機・トランシーバーは必須アイテムです。しかし、いざというときに通信が出来なくては安全管理の意味を成しませんよね。
無線機・トランシーバーのご利用状況にご不安やご心配な点、お困りのことはありませんか? 楽しく過ごすための場所だからこそ、確実な通信で安全対策を。
e-無線には無線機のプロがいます。お客さまのご利用環境に最適な無線機・トランシーバーシステムの構築、おまかせください。

こんな困った解決します
会場内で電波が届かず通信できない場所がある
広いイベント会場や野外フェスなどで「ある箇所だけ電波が届かない」というお悩みはありませんか?そのお悩み、e-無線なら解決できるかもしれません。無線機の機種だけでなく周辺環境なども考慮して総合的にサポートします。
イラスト
ノイズが多く、たびたび聞き間違いが起こる
ノイズの原因は判明していますか?そのノイズによって連絡が滞り、業務に支障は出ていませんか?せっかく導入した無線機が最大の力をはっきできるよう、ノイズの原因をお調べし、クリアな通信をサポートします。
周囲の音や騒音で聞き取れない
にぎやかなイベントに大きな音はつきもの。ですが、この音によって無線機・トランシーバーが妨げられることがあります。無線機・トランシーバー本体はもちろん、最適なタイピンマイクなどのアクセサリを選ぶことで解決できることがあります。
混信が多く、通信が安定しない
使用無線機の機種や周囲の電波状況、無線機の設定方法など、混信には様々な要因があります。 e-無線では無線機のプロが現在の状況をうかがい、最適な解決方法をご提案します。 無料の通信テストもできますので、じっくりご検討ください。
イベントの規模によってスタッフ数が変わり、必要な無線機の数も変わる
一定の台数は保有しておいて、必要台数が増えたときはレンタルで調整する、という運営方法はいかがでしょうか。レンタルで調整できて、ハイパワーなものをお探しなら「登録局」の無線機ががおすすめです。いまお使いの無線機と合わせてご相談ください。

>>レンタル無線のご紹介はこちら

イラスト
携帯電話・PHSが通じない場所がある
山間部でのイベントや野外フェスなど、携帯電話やPHSの電波が届きにくい場所でも、無線機・トランシーバーなら確実な電波で業務を支えます。 また、2020年でサービスが終了するPHSからの入れ替えにもおすすめです。
困った警備員のイラスト
でも、
結局どれを選べばいいのかわからない…

そんな時こそ、私たちプロにお任せください!
e-無線では、創業33周年の実績で得たノウハウをフル活用し、お客様の警備現場にぴったりのトランシーバーを選定。ご利用環境に合わせたトランシーバーシステムを構築します。まずはお気軽に下記よりお問合せください。

■お客様からのお声

【公園緑地協会 施設長様】

「当管理協会は、県内の複数の公園の管理をしています。遊戯・アトラクション施設の設備メンテナンスのほか、夏休み期間中の動物園、水族館、プールを利用されるお客様の誘導などに無線機は欠かせないものになっています。
当協会の管理する公園では、県産の材木・素材から製造したカヌーを貸し出し、園内の地形を利用した池で遊覧していただくアトラクションが好評です。 じゅうぶんな安全管理をしてはおりますが、まれにカヌーが横転してしまう場合もあります。 監視員からの無線連絡で、救護係がすぐに救援に向かえるようにと訓練もしておりますので、安心して遊びに来てください。 」


【都内遊園地 管理センター長様のお話】

「広大な敷地内でたくさんのお客様を迎える遊園地。急病人の対応や、設備トラブル、迷子の捜索まで、アクシデントはつきものです。発生時、近くにいるス タッフが急いで駆け付けても一人では対応しきれない事も多々あります。そんなときに「無線機」で離れた場所へ連絡できることはもちろん、一斉に連絡をとる ことにより、同時に数名が現場に駆け付けることができます。わたくしどもはお客様の安全を無線機によって保っているといっても過言ではないと思っています。 」